メールアーカイブの最新情報まとめ

ストレージやサーバにも影響が少ないメールアーカイブシステム

メールアーカイブシステムといえば利用中はメールサーバに影響が出てしまったり、保存する領域が大きいためにストレージサーバに影響が出やすいというイメージを持つ方が多いのですが、従来のメールアーカイブシステムに比べてメールの取扱方を変えているシステムが増えており、メールサーバにもストレージにも影響がほとんど無いシステムが多数登場しています。メールアーカイブシステムの機能としてはメールの保存がもっとも重要ですが、従来のようにメールを送受信してから保存するのではなく、一度、メールアーカイブシステムをメールが必ず最初に通るように設定することがかのうになってきています。そのため、ウイルスチェックなどと共にデータベース化やインデックス作成を行ってからメールを送り出すこととなっています。保存領域についても従来のようにメール容量が倍になるということもなく、必要最低限の領域で済むようになっています。システムによっては従来の領域の半分以下でデータベースが組まれるということもあり、システム構築のためのコスト負担も大幅に削減されてきています。また、動作速度についてもCPUなどのハード面の改良もありますが、ソフト面で大幅に短縮することができています。

メールアーカイブシステムはメールサーバとストレージに多大な負担をかけるというイメージを持つ方が多く居ます。しかし、保存する方針が変わってきたこと、ソフトウエア的に進歩したことで利用にあたっては各種サーバに負担を掛けない仕組みとなってきています。メールサーバについてはメールの送受信がメールアーカイブシステムとしても行われるので負担が心配されていましたが、メールアーカイブシステム独自に各メールの送受信を行う際に通り道となることで負担を掛けない仕組みに変わっています。メールの通り道になることで、メールの改ざん防止になりますし、送信する際に間違って送信することを防ぐ仕組みも搭載されていることがあります。また、ウイルスチェックもこの時点で行われることが多くなっており、システム全体で負担が少なくなるように設計されることが可能となっています。ストレージについても従来の仕組みのようにメールが二重に保存されることもなく、データベース化されることで圧縮されるために保存領域が格段に減ってきています。また、ハードウエアの進歩もあったことで検索速度も格段にあがってきており、アカウントの横断的検索も対応するなど使い勝手も格段に良くなってきています。